パパサラリーマン、KONAへの挑戦

2015年にトライアスロンを始めた走食系男子です。2017年のIRONMAN 台湾でエイジ部門総合優勝(プロ含む7位)、2018年KONAで9時間32分(日本人2位)。練習・育児に奮闘中!

久々のFTP測定、303w!

久々にFTP測定をしてみました。

 

久々になった理由

本当はパワートレーニングをするなら月に1~2回更新したほうがいいとも聞いたのですが、全力のFTP測定ができるほど回復を待つより、狙った強度の練習ができるなら頻度よく積み重ねたほうがいいと感じたのでしばらく測定は実施していませんでした。

 

それでも練習成果は評価するべき

練習の成果は『レースで速くなったか』ですが、レースの間隔が開く場合は

  1. 同じ練習が楽にこなせるか
  2. 練習の設定タイム・出力を上げれるか
  3. 同じ強度の持続時間・セット数を増やせるか

このあたりを常に意識する必要があります。

同じ様な練習を繰り返していて、スピードも時間も伸びないなら見直すべきだし、新しい練習を取り入れても1ヶ月で何らかの成果が出なければ、何らかの問題があります。

  1. 内容が自分にあっていない
  2. 内容が『今の』自分にあっていない
  3. 取り入れたのはいいけど強度or量が足りない

などなど。俗に言うPDCAですね。

徐々に強度や持続時間を向上させれているなら(最短経路かはともかく)成長できている、向上していないなら内容を見直してみましょう。

 

FTP測定結果

前置きが長くなりましたが測定結果です。

f:id:TKtrytoKONA:20181114220622j:plain

303w!!

最近は少し軽くなってて64.0kgだったので4.73倍。 

 

300wからの3w増…増加と喜んでいいのか測定誤差レベルなのか…w

 

前半が330wくらいを目標で入って10分間の平均が327w、

後半が311wに沈んで20分平均が319w。。。

 

走り方を見直すだけでもう少し上がりそうですね…(^^;

 

5倍の320wを目指していたけどもう少し先になりそうです。。。

 

これを見た友人の反応

もちろん中には『すごい』って言ってくれる人もいたけれど、レースで自分より速い人のコメントでは、

 

『300wは凄い。自分は278wだよ』(同じくらいの体格)

『僕は330wだけど、体重72だから4.6倍か。負けてるね』

 

FTPが全てではないけれど

1人目のコメントでは今の自分の出力が出るならポジションや出力の配分を見直せば、パワーを上げなくてもまだタイム短縮ができるとも取れる。(この人がディスクホイールとバトンホイールを持っていることはひとまず目を瞑ろう)

2人目のコメントでは、確かに体重比では勝ってるけど、国内の、特に中部から関東圏のレースではバイクでほとんどアップダウンがないから、単純なパワー差がスピード差に出やすい。

ということは『5倍の320w目標』ではなく、330wを目指さないといけないか…

 

ちなみに330wが出ると、70%で231w。

竹谷賢二さんのIRONMANでの平均パワーに近づくから、ここまで上げれば4時間47分レベルが見えてくるのかな?

(竹谷さんはポジションの研究とかも余念がないから、空気抵抗差とかが出る可能性は大いにありますが…)

 

自分の場合、28歳でトライアスロンを始めた。

一般的には競技を始めてから10年は伸びると言われるけど、加齢とかも考えるとフィジカルのピークは35,36歳あたりかな…?

まずはそこで結果が出せるように、長期目標とレースごとの目標を定めていくかな…

 

↓ ブログ村に参加しているのでよろしければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

www.tktrytokona.com

 

 

 

【更新情報について】

twitterおよびFaceBookページに載せているので、よろしければチェックお願いします!

twitterTK_tri@走食系男子 (@TK_tri_KONA) | Twitter

Facebookパパサラリーマン、konaへの挑戦 - ホーム | フェイスブック