パパサラリーマン、KONAへの挑戦

2015年にトライアスロンを始めた走食系男子です。2017年のIRONMAN 台湾でエイジ部門総合優勝(プロ含む7位)、2018年KONAで9時間32分(日本人2位)。練習・育児に奮闘中!

マツダ CX-5とロードバイク、そしてベビーシート

 

Amazonギフト券 チャージするたびにポイント最大2.5%!!

 

 ロードバイク乗りとして車を選ぶ時に気になるのは、なんと言ってもバイクが積めるかどうか。

 

「どの車種ならバイクをそのまま積めるのか?」

「どの車種ならバイクを前輪だけ外せば積めるのか?」

「全後輪外せば積めるのか、それでも厳しいのか?」

 

更にファミリー層だと、ベビーシートにベビーカーととにかく荷物が多い

 

でもこういう情報って意外と検索しても見つからないんですよね。。。

と言うことで、私が購入したのはCX-8ですが、納車までの台車としてCX-5を借りれたのでバイクとベビーグッズを積み込んで遠征してみました!

 

ロードバイクは前後輪を外して(過去記事)

 ロードバイクの積み込みに関してはこちらをご覧ください。

結論から言えば、ベビーシートを乗せる場合、右側の後部座席を倒して、そこに前後輪を外しての積む形になるかと思います。

 

tktrytokona.hatenablog.com

 

 

更にベビーシートとベビーカー、大会のトランジションバッグなど

いろいろ積み込んでみました、まだ多少余裕はあります。

 

f:id:TKtrytoKONA:20180727162135j:plain

 

帰りに荷物が増えた場合

このときは実家に寄ったため、実家では不要になったホイール前後を1セット追加し、おみやげに貰った食べ物などをいろいろ積み込んで帰りはいっぱいいっぱいという感じでした。

2泊3日予定だったし、途中で実家で洗濯もできるので問題はありませんでしたが、『宮古島や海外のアイアンマンに行くためにスーツケースなども積み込みたい」という場合はちょっと狭いかもしれません。

 

ベビーカーを縦置きできない

実家のアイシスではベビーカー(Combiの折り畳めるタイプ)を立てに置けたので省スペースでした。一方CX-5は天井が低いことがここでも影響し、寝かせるしかありません…

 

ベビーカーはサービスエリアなどでも使うので一番手前に置きたいです。と言うことで、一番手前側を寝かせたベビーカーが占拠することになります

 

後ろに大人が座れない

育児層では結構な問題になってしまうかもしれません。

3人がけのシートのうち右側を倒していますが、ベビーシートの横に大人が座れるだけのスペースはありません。もしくは半ケツでシートベルト締めて頑張ることになります。

つまり高速道路などで子供が泣き出しても対応ができない。幸い、うちの息子はお腹が空かない限りほぼ泣かないので、お腹が空く周期を見て先手であげれば対応できますが、よく泣く子の場合は辛そうです(^^;

 

2人目が生まれたら対応できない 

これがうちがCX-8にした決定打でもありました。

まだまだ2人目の予定はありませんが、どう考えてもベビーシート2つにロードバイクと荷物を詰め込むのは厳しい。

 

5年後に買い換えるか、先を見据えておくか

そこで5年後に買い換えるなら、今50万高くなり、家の周りの道は狭いけどCX-8に360゜モニターを付けて頑張ろう、という結論になりました。

まぁ5年もすれば3列シートの国産SUVの選択肢も増えるだろうし、その頃には買い替えたい!というのもありかと思います。

うちの場合は(特に私が)頻繁に買い換える願望もなかったので、長期目線でCX-8にしました。

逆に、「1~2年後には早めに2人目がほしい」という家庭の場合、最初からCX-8のほうがおすすめかもしれません。

まとめ

CX-5でも子供1人でトライアスロンをやるなら十分に対応できます。

ただし、ところどころ狭さを感じることがあるので、そこは家計・道路事情・子供の性格・今後の家族計画などと要相談!といったところです。

 

↓ ブログ村に参加しているのでよろしければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

【更新情報について】

twitterおよびFaceBookページに載せているので、よろしければチェックお願いします!

twitterTK_tri@走食系男子 (@TK_tri_KONA) | Twitter

Facebookパパサラリーマン、konaへの挑戦 - ホーム | フェイスブック