パパサラリーマン、KONAへの挑戦

2015年にトライアスロンを始めた走食系男子です。2017年のIRONMAN 台湾でエイジ部門総合優勝(プロ含む7位)、2018年KONAで9時間32分(日本人2位)。練習・育児に奮闘中!

ランニングシューズのレビューまとめ ~マラソン・トライアスロンのオススメは?~

こちらはランニングシューズのレビュー記事のまとめになります。

記事の中では以下の点について記載しています。

  • 値段
  • 重さ
  • 反発力
  • クッション性
  • 耐久性
  • サイズ感の比較

※本人の主観です。笑

ランニングシューズは走り方との相性も大きいので、結局各自で試してみるしか無いのですが、シューズ選びの際に少しでも参考になればと思います。

 



NIKE(ナイキ)

ZOOM FLY FLYKNIT(ズームフライ)

一時期は入手困難でしたが、最近では10,000円近くでも買えることが増えてきたズームフライ!

耐久力・クッション性に優れているし、下で紹介しているsp Fast、フライニットシリーズといった大会用シューズとドロップが同じなので、練習用に非常に便利です!

www.tktrytokona.com

 

ZOOM FLY sp Fast(ズームフライ sp Fast)

通常のズームフライは水を吸ったら重くなるので、トライアスロンのレースでは使えなかった…

そんなところにsp Fast!水を吸って重くならないし、踵周りもソフトになって擦れにくいので、ミドル~ロングで使用しています!(IRONMAN KONA世界選手権もsp Fast)

通常版とはサイズ感が少し違うのでご注意!

www.tktrytokona.com

 

 

ZOOM FLY FLYKNIT(ズームフライ フライニット)

ズームフライのアッパーがフライニットになり、更にプレートが4%と同じカーボンに!

フライニットのフィット感とカーボンの反発力はいいのですが、ズームフライとは『反発の早さ』が違うため、大分違う走り心地になっている感じです。

www.tktrytokona.com

 

 

 

On(オン)

クラウドフラッシュ

トライアスロン界にはじまり、ウルトラマラソンなどでも徐々にシェアを伸ばしつつあるOnが『コスト度外視で最新技術を詰め込んだ』というレースシューズ。

私はトライアスロンのショートレースに使用していて、過去2年はすべてクラウドフラッシュ。その理由は『裸足でも履けるソフトな履き心地』。外見はソールにチューブが付いていたりと奇抜ですが、走り心地は普通のショートレース用シューズです!

www.tktrytokona.com

 

asics(アシックス)

執筆中…

 

adidasアディダス

執筆中…

 

↓ ブログ村に参加しているのでよろしければクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

【更新情報について】

twitterおよびFaceBookページに載せているので、よろしければチェックお願いします!

twitterTK_tri@走食系男子 (@TK_tri_KONA) | Twitter

Facebookパパサラリーマン、konaへの挑戦 - ホーム | フェイスブック