パパサラリーマン、KONAへの挑戦

2015年にトライアスロンを始めた走食系男子です。国内のショートからロングまでいろいろな大会に出てエンジョイ中! 2017年のIRONMAN 台湾でエイジ部門総合優勝(プロ含む7位)をして、2018年KONAスロットを獲得!10月に向けてコツコツと練習・育児に奮闘中!

vector3、新設計の電池蓋で不具合解消へ!?(続編)

ついに・・・ついに届きました!

 

 

vector3の新設計の蓋!

 

 

6月13日に依頼しているので…3週間くらいかかりましたね。

パーツの請求はこちら

tktrytokona.hatenablog.com

 

新旧の外観比較

左が旧型、右が新型です。

f:id:TKtrytoKONA:20180704165158j:plain

わずかに見た目が違いますね…接触する部分が少しお大きくなっている様ですが??

 

f:id:TKtrytoKONA:20180704165203j:plain

底の方は変化がないように見えます。

 

f:id:TKtrytoKONA:20180704165206j:plain

黒いシールが張ってありますが、外からの見た目は同じようです。

 

必要な工具

事前情報では以下のようになっていました。

f:id:TKtrytoKONA:20180704165545j:plain

f:id:TKtrytoKONA:20180704165611j:plain

ん?ドライバーにソケットレンチ??

そんなんいるんか?レンチとか無いし、すぐに取り付けれるように買っておこう。

 

 

 

…基本的には4mmの六角だけでいいのね…(゜o゜;

f:id:TKtrytoKONA:20180704171442j:plain

 多分通常の携帯工具にもついているでしょう。

一応2N・mで締めることが推奨されています。

 

交換を実施!

普通の電池交換と同じです。

六角で蓋を外し、奥をマイナス・手前をプラスでSR-44の電池を2個入れ、また蓋を締めます。

黄色いシリコンリングは挟み込まないように気をつけましょう。挟み込むと伸びてしまいますし、簡単に切れます。

締めてみたところ、旧型はどこまでもクルクル回り続けたのが、新型は止まるようになっています。

 

交換の結果

 残念ながら7月1日のトライアスロンには間に合わずデータが取れませんでした…

と言うことで50分間zwiftで走ってみました。

  1. 200wでアップを10分
  2. 320wと285wを3分ずつ交互に18分間
  3. ヒルクライムのランキング狙いで5分間360w
  4. ダウン

 従来だと300w超えたときと、30分以上経ったときは特にひどかったのですが…

 

今回は接続切れも序盤に3秒間のみでした。

また10%前後の値ブレは時々発生しておりますが、これは測定方式上、しょうがないかなぁと言う範囲。

値が2倍になったり半分になったりというブレは全く見られませんでした。

2000~9000wといったありえない値も出ておりません。

 

感想としては・・・やっと商品になったなぁと。

ここまでやってから発売するべきですよね。他社でペダル型パワーセンサー開発中の情報もあるので、客が流れる前にとりあえず確保しようとしたのかな?

後はきちんと改良版の蓋がついた状態で販売されるなら友人にも薦めれそうなんですがね・・・

初期不良の蓋がついたまま販売継続、不良の申告があった場合には3週間後に送ります、なんてスタンスではちょっとオススメできません。

 

 

 

【更新情報について】

twitterおよびFaceBookページに載せているので、よろしければチェックお願いします!

twitterTK_tri@走食系男子 (@TK_tri_KONA) | Twitter

Facebookパパサラリーマン、konaへの挑戦 - ホーム | フェイスブック