パパサラリーマン、KONAへの挑戦

2015年にトライアスロンを始めた走食系男子です。2017年のIRONMAN 台湾でエイジ部門総合優勝(プロ含む7位)、2018年KONAで9時間32分(日本人2位)。練習・育児に奮闘中!

Garmin製vector3の電池交換

 

Amazonギフト券 チャージするたびにポイント最大2.5%!!

 

f:id:TKtrytoKONA:20180616121343j:plain

 ペダル型パワーセンサーのvector3、複数のバイクでパワーセンサーを使用する場合はこの機種一択になるのですが、電池が充電池ではなくSR-44もしくはLR-44が必要になります。

今回電池残量低下の表示が出たので、交換してみました。

交換手順

必要なのは4mmのアーレンキーのみ。

f:id:TKtrytoKONA:20180808235829j:plain

 

外します。黒いシールが付いているのは、初期不良だった電池蓋を新設計のものに交換したためです。

新設計の電池蓋については過去記事をどうぞ。

tktrytokona.hatenablog.com

 

外しました。

f:id:TKtrytoKONA:20180809000301j:plain

 

電池ケースの奥がマイナス、手前がプラスです、間違えないように入れ替えましょう。

 

入れ替えました。

 

f:id:TKtrytoKONA:20180809000408j:plain

 

f:id:TKtrytoKONA:20180809000446j:plain

 

これで蓋を戻すだけ。黄色いシリコンバンドを挟み込まないように気をつけましょう。一応公式では2Nで閉めろと書いてありますが…強さのわからないアーレンキーしか持っていないのでテキトーです←

 

超簡単まぁ充電式のほうが嬉しいけどね。

 

これでそのまま乗ってペダルを回せば、いつもどおり勝手に接続されて使用可能でした。

 

交換方法はオフィシャルの動画もあります

 オフィシャルの動画もあるので参考にどうぞ!

 

電池はどれくらい持つ?

購入したのが5月15日、新設計の電池蓋を請求していた3週間は使用していないので、実際の使用期間はちょうど2ヶ月。

一応、公式では120時間と書いてありますが、60時間程度しか持ちませんでした。ちなみに本体を購入してすぐにソニー製のSR-44に交換しています。(電池残量低下の表示が出てすぐ交換したため、もう少し粘れるとは思いますが、トレーニング中に切れるのは嫌だったので交換してしまいました。)

 

ネットの情報では『安い10個入りのLR-44では接続切れが頻発し、SR-44に交換したら改善された』という書き込みもあったため、ちゃんとしたメーカーのSR-44をおすすめします。

 ちなみに私も初期電池で接続切れが頻発したのですぐに交換してみましたが、改善されませんでした。その問題は新設計の電池蓋に交換して収まりました。

 

2ヶ月で電池代1,000円、年間で6000円。 

充電式と比べると、やっぱり割高ですね…(´~`;)

 

【更新情報について】

twitterおよびFaceBookページに載せているので、よろしければチェックお願いします!

twitterTK_tri@走食系男子 (@TK_tri_KONA) | Twitter

Facebookパパサラリーマン、konaへの挑戦 - ホーム | フェイスブック