ロングトライアスロン・IRONMAN(アイアンマン)のレースレポートまとめ

こんにちは、パパサラリーマンのTK(TK@パパサラリーマン)です!

トライアスロンをやっているといつかは出てみたいロングトライアスロン!

宮古島の海やバイクコースの綺麗さ・ランの応援は一度出たらまた出たくなること間違いなしです!
そしてみんなの憧れ!?IRONMAN(アイアンマン)の称号!
今は海外レースのみですが、ツアーパッケージなどを使えばかなりハードルも低く参戦できます!

さらにITUのロングディスタンス世界選手権、IRONMANのKONA世界選手権と、出るだけでも大変ですが他の大会とは別格の経験ができる大会もあります。

『英語が苦手だから…』と避けてしまうのは本当にもったいないので、是非チャレンジしてみましょう!

2019年

3月 IRONMAN ニュージーランド

KONAを狙ってニュージーランドに行ってきました。
気候の特徴として、朝晩の寒暖差が非常に大きいです。(最低気温5度、最高気温29度など)
スイム〜バイク序盤は寒さ対策、バイク後半〜ランでは暑さ対策が必要ですね!

コース紹介

  • スイムは湖なので波はなく水質も綺麗。ただしフローティングの一斉スタートなのでバトルは激しい。
  • バイクはフラット基調を2往復の中で小さめの峠を4回超える。2019年は復路がなかなかの向かい風。
  • 程よくアップダウンを挟みつつ、市街地なので直角ターンや芝生・石畳など変化に富んだ路面もあり。
IRONMANニュージーランド レースレポート ~スイム編~ IRONMANニュージーランドのバイクコースIRONMANニュージーランド レースレポート 〜バイク編〜 IRONMANニュージーランド レースレポート 〜ラン編〜

2018年

10月 IRONMAN KONA(コナ)世界選手権

初めてのKONA!
一生に一度出れるだけでも幸せ』と言われますが、一度出たらまた出たくなること間違いなしです。笑
街全体がIRONMANのレースウィークは、トライアスリートなら応援に行くだけでも楽しめます!
(そしてきっと『いつか出てやる!』ってなりますw)

コース紹介

  • スイムは波が控えめで水質も綺麗なハワイの海。ただしノンウェット。フローティングの一斉スターだがバトルは少なかった。
  • バイクは程よくアップダウンを繰り返す1往復コース。2019年は風がほぼないと言う珍しい年だったが、例年「コナウィンド」と呼ばれる台風並みの海風が吹く…らしい。
  • ランは程よくアップダウンはあるものの、直線基調で路面も綺麗なため走りやすい。35度前後になることも多く暑さ対策は必須。
IRONMAN KONA世界選手権 レースレポート ~スイム編~ IRONMAN KONA世界選手権 レースレポート~バイク編~ IRONMAN KONA世界選手権 レースレポート~ラン編~

2017年

9月 IRONMAN台湾

ここは完全にKONAを狙っていきました。
参加者の3割くらいが日本人であり、KONAと日程が被っているので比較的レベルが下がりやすく、オススメの大会です!(それでも年が経つごとにレベルは上がってきていますが…)

コース紹介

  • スイムは波は控えめで水質も綺麗。ただし酷暑となった2017年はかろうじてウェット着用可だったものの、暑すぎて途中で3回ウェットスーツの中に水を入れた。ローリングスタートなのでバトルはほぼなかった。
  • バイクはフラット基調を2往復の中で小さめの峠を2回越える。2017年は酷暑、2018年は暴風と年によってコンディションが大きく違う。
  • ランは2018年からコース変更。2017までは1km程度の長い坂を繰り返し上ったり下ったりしたが、新コースは海辺もフラットコース。応援もしやすくなったが、直角ターンが多いのとややコースが複雑。
IRONMAN台湾の海アイアンマン台湾 エイジ総合優勝!~スイム編~ アイアンマン台湾 エイジ総合優勝!~バイク編~ アイアンマン台湾 エイジ総合優勝!~ラン編~

4月 宮古島トライアスロン

日本で最高のトライアスロンと言っても過言ではないでしょう。
スイム・バイク・ラン・島のおもてなし、すべてが最高です。

コース紹介

  • スイムは波は控えめだが潮の流れが結構ある。水質の綺麗さは日本一といっても過言ではない。ビーチからの一斉スタートなのでバトルは激しい。
  • バイクは程よくアップダウンがあり、直角カーブも多いため、海外ロングよりはテクニックも必要。ドラフティング距離が短めなため、ローテーションが組めるかにも成績が左右されてしまう。
  • ランは序盤と終盤はフラットなものの、中盤はアップダウンあり。折り返し後の登りで心を折られないように。笑 気づいたら気温が上がっていることが多く、脱水にも注意。
宮古島トライアスロン2017年、宮古島トライアスロン!レースレポート

2016年

6月 IRONMAN Cairns(ケアンズ)

はじめてのロングディスタンス!
デビュー戦から11ヶ月で飛び込んでしまいました…そしてIRONMAN大好きになりました…笑
日本から行きやすく時差もほぼなし、気候も似ているしコースも走りやすいので非常におすすめです!

コース紹介

  • スイムは波はが大きめで、水質は意外と濁っている。ノンウェットになる可能性もあり。殺人オコゼ・猛毒クラゲ、ワニ、サメがいると噂される。
  • バイクはフラット基調を変則2往復。路面も綺麗でかなり走りやすいが、反射板が埋まっているので乗り上げてパンクしないように注意。コースの特性上後半70km程度向かい風になるので前半の飛ばしすぎは厳禁。
  • ランは公園内でフラット3周回。折り返しが多いものの、応援も多く走っていて楽しいコース。
IRONMAN Cairns(アイアンマン ケアンズ)レースレポート スイム編 IRONMAN Cairns(アイアンマン ケアンズ)レースレポート バイク編 IRONMAN Cairns(アイアンマン ケアンズ)レースレポート ラン編
Amazonでのお買い物はAmazonギフト券にチャージしての購入がオススメです!
チャージする度にポイントが最大2.5%付くので、Amazonを使う方はぜひチャージしましょう!
【Amazonギフト券にチャージする】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)